湯浅 誠

社会活動家、東京大学先端科学技術研究
センター特任教授

湯浅 誠(ゆあさ まこと)

 日々現場で実践している人が学ぶことには、学生時代とはまた違ったメリットがあります。学びをすぐに現場で試せるからです。すると、学びが深まります。自転車の乗り方という本を読んで、自転車に乗れるようになった人はいません。乗って転んで学びます。本講座も座学で終わればそれまでです。現場で試して、乗って転んで、身につきます。自転車に乗るように――そんな気持ちで受講いただける方をお待ちしています。

尾崎 史

認定特定非営利活動法人あさがお理事長

尾崎 史(おざき ふみ)

 「えにしアカデミー」の開学、おめでとうございます。県外出身の私は、学生時代から滋賀県にはとても憧れを抱いていました。当時、本や映像で紹介されていた福祉の様々な取り組みが強く印象に残っていたからです。ご縁があり、この地に住み着いて、ここで働き、悩み、学び、仲間を得ました。福祉の実践は悩むことの連続ですが、その悩みを力に変えて、現場にお返しするための新しい学びが「えにしアカデミー」です。皆様、お待ちしております。

沖田 行司

びわこ学院大学
びわこ学院大学短期大学部学長

沖田 行司(おきた ゆくじ)

 戦後、日本は新しい憲法のもと、人権を尊重し、個性豊かで平和を希求する国民教育を目指してきました。しかし、現実には様々な教育矛盾が露呈しています。近代の礎を築いた江戸時代の教育、とりわけ庶民の寺子屋教育を振り返り、教育の原点とは何かを考えましょう。

渋谷 篤男

日本福祉大学福祉経営学部(通信教育)教授

渋谷 篤男(しぶや あつお)

 福祉は、仕事にしろボランティアにしろ、ボランタリーな気持ちをめいめいが持って取り組むものと考えてきました。その思いはそれぞれ。時に対立することもあります。でもだからこそ、新しい世界も広がります。他の活動を知り、意見の違いを知り、時に自分の活動を思い返す、そんな場になれば、よいですね。

北野 誠一

社会福祉法人西宮市社会福祉協議会
共生のまちづくり研究研修所所長

北野 誠一(きたの せいいち)

 我が国の社会・福祉は、コロナ禍でその問題点、弱点を露呈しました。高齢者世代の多くは、その人生初期はみんな貧困であり、できる-できない、持つ-持たない、してあげる-してもらう関係ではなく、助け合う・補い合う・営み合うという平等の連帯関係を経験しています(はずです)。一方、若い人たちの多くは、格差社会を基本に生まれ育っており、平等の連帯関係は育ちにくいです。さて、では我が国の社会・福祉をどうすればいいのか、みんなで一緒に考えて、行動してみましょうよ!

原田 正樹

日本福祉大学社会福祉学部教授
日本地域福祉学会会長

原田 正樹(はらだ まさき)

 地域共生社会を実現していくためには、制度や仕組みを変えるだけではなく、私たち一人ひとりが意識や支援を変えていく必要があります。同時に私たちは、地域の差別や偏見に働きかけていかなければ、地域は変わりません。そうしたことを皆さんと学び合っていきたいと思います。

金子 秀明

社会福祉法人さわらび福祉会理事長

金子 秀明(かねこ ひであき)

 ある40代の男性がつぶやいた。「自分は社会の不適合者、何がしたいのかわからない。働くことが出来ない人です。」福祉サービスだけでは支援できない人を支えるには寄りそう覚悟が要ります。覚悟を確固として支える論理と熱を共に追い求めましょう。。

牛谷 正人

社会福祉法人グロー理事長

牛谷 正人(うしたに まさと)

 「ニーズに応えることが福祉の仕事ではない。彼らの暮らしと向き合えばそこに気づきがあり、それをどうすれば良いのか考え実践することが生涯をかけた福祉の仕事である」 40年近く前、大学の卒論で訪ねた信楽で池田太郎氏からいただいた言葉です。制度から発想するのでなく、暮らしから発想する滋賀の取り組みを引き継いでもらえる人とともに滋賀の未来を考えたいと思います。